設立趣旨

特定非営利活動法人 ジェントル ハート プロジェクト

ジェントルハートプロジェクトは、いじめ問題の解決を目指して、いじめ自死遺族等が2003年3月に設立したNPO法人です。
私たちはいじめのない社会の実現のため、全国各地での講演会、展示会、勉強会やコンサート等の取組を通して、多くの人たちに「やさしい心」を伝えるための活動を行っています。
私たちは「いじめ」の本質は加害側の心の問題にあるとして、加害側の心に寄り添うことなしに、この問題の解決はないと考えています。
私たちの目指しているのは、予防よる「いじめ」の抑止であり、厳罰化や規則、「やられたらやり返せ」といった風潮を煽ることではありません。
子どもたちが本来持っている「やさしい心」(ジェントルハート)を育むことこそが、問題解決のあるべき姿であると確信して、活動を行っています。

【また、いじめ被害者遺族の知る権利を求め、政府への申し入れ等も行っています】

いじめとは?

いじめとは? いじめは心と体に対する暴力です

「暴力」は、心と体を深く傷つける行為です。物理的、身体的暴力には限定しません。
言葉や無視による心理的な攻撃も、それが結果的に、朝起きられなくなる、学校へ行こうとしても体が動かなくなる、鬱(うつ)状態におちいって何もする気がなくなるといった身体的支障をもたらすものなら暴力に含まれます。

● 暴力を受けると人は、恐怖または強度の不安を感じます。
「安心」して生きる権利が奪われます。
● 暴力を受けると人は、無力化におちります。自分の力を信じる、
「自信」をもって生きる権利が奪われます。
● 暴力を受けると人は、行動の選択肢をせばめられます。
自分で選ぶ「自由」の権利が奪われます。

(「子どもと暴力 子どもたちと語るために」/森田ゆり著/岩波書店 より)

「いじめ」は人の権利・生きる力を奪う、決して許されない行為であると私たちは考えます。

小森美登里:京都新聞掲載「いじめ第三者委“教委寄り”と不信感 大津の事件教訓に導入」

小森美登里:京都新聞掲載「いじめ第三者委“教委寄り”と不信感 大津の事件教訓に導入」

当法人理事、小森美登里が、2017年7月16日(日)京都新聞に掲載されました。

「いじめ第三者委“教委寄り”と不信感 大津の事件教訓に導入」
http://kyoto-np.co.jp/education/article/20170716000132
※上記のページのは、将来変更または閉鎖される可能性がございます。

京都新聞
http://kyoto-np.co.jp/

講演スケジュール更新

講演スケジュール更新

6月11日、ジェントル ハート プロジェクトの講演スケジュールを更新しました。
よろしくお願い致します。

URL:http://npo-ghp.or.jp/lecture/

ジェントルハート通信ページ更新

ジェントルハート通信ページ更新

ジェントル ハート プロジェクトのジェントルハート通信ページを更新しました。
 
・ジェントルハート通信55号を追加。
 
よろしくお願い致します。
 
URL:http://npo-ghp.or.jp/bulletin/

講演スケジュール更新

講演スケジュール更新

5月22日、ジェントル ハート プロジェクトの講演スケジュールを更新しました。
よろしくお願い致します。

URL:http://npo-ghp.or.jp/lecture/

院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』Youtube追加

院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』Youtube追加

2017年5月17日(水)開催した院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』ダイジェストYoutubeを追加致しました。

2017年5月17日(水)院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』ダイジェストYoutube
https://youtu.be/kidsV1C0r8w

小森美登里:毎日新聞掲載「前日、教諭体罰 NPO法人『ジェントルハートプロジェクト』の小森美登里理事の話」

小森美登里:毎日新聞掲載「前日、教諭体罰 NPO法人『ジェントルハートプロジェクト』の小森美登里理事の話」

当法人理事、小森美登里が、2017年5月20日(土)毎日新聞に掲載されました。

「前日、教諭体罰 NPO法人『ジェントルハートプロジェクト』の小森美登里理事の話」
https://mainichi.jp/articles/20170520/ddr/041/040/003000c
※上記のページのは、将来変更または閉鎖される可能性がございます。

毎日新聞
http://mainichi.jp/

小森美登里:河北新聞掲載「<いじめ自殺>遺族ら国会内で法改正呼び掛け」

小森美登里:河北新聞掲載「<いじめ自殺>遺族ら国会内で法改正呼び掛け」

当法人理事、小森美登里が、2017年5月18日(木)河北新聞に掲載されました。

「<いじめ自殺>遺族ら国会内で法改正呼び掛け」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170518_23006.html
※上記のページのは、将来変更または閉鎖される可能性がございます。

河北新聞
http://www.kahoku.co.jp/

小森美登里:読売新聞掲載「くろーずあっぷ:いじめの根絶へ教員研修」

小森美登里:読売新聞掲載「くろーずあっぷ:いじめの根絶へ教員研修」

当法人理事、小森美登里が、2017年5月15日(月)読売新聞朝刊、くろーずあっぷで紹介されました。

「くろーずあっぷ:いじめの根絶へ教員研修」
小森美登里:読売新聞掲載「くろーずあっぷ:いじめの根絶へ教員研修」

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/

小森美登里:毎日新聞掲載「前日に教諭が体罰『計2件、一因か』」

小森美登里:毎日新聞掲載「前日に教諭が体罰『計2件、一因か』」

当法人理事、小森美登里のコメントが、2017年5月19日(金)毎日新聞に掲載されました。

「前日に教諭が体罰『計2件、一因か』」
https://mainichi.jp/articles/20170520/k00/00m/040/124000c
※上記のページのは、将来変更または閉鎖される可能性がございます。

毎日新聞
http://mainichi.jp/

院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』

院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』

院内集会
『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』
~いじめ防止対策推進法見直しに向けて被害者遺族が望むこと~

《 開催趣旨 》
いじめ防止対策推進法が施行され3年半が経過しました。
施行後に学校と闘った遺族だからこそ、その体験から見えたことがあります。
子どものこころと命を守るための法律があるにもかかわらず、子どもとその家族は今も苦しみ続けています。
この問題を広く知っていただくため、現状報告及び改善のための議論を深めて参りたいと思います。
問題の本質を明らかにし、より良い法律改正に向けて提言を致します。

報告者

青森県八戸市 八戸北高等学校いじめ自殺遺族
青森県青森市 いじめ自殺遺族 葛西剛 氏
弁護士 草場裕之 先生 (手紙によるメッセージ)
当法人理事 小森美登里 (いじめ自殺遺族)
教育評論家 尾木直樹 先生 (ビデオメッセージ)

開催日: 2017年5月17日(水)
時間: 13:30~15:00(13:00開場)
会場: 参議院議員会館1階 講堂(定員192名) 〒100-8962 東京都千代田区永田町2丁目1-1

※マスコミ・一般の方は事前に氏名・所属・人数をお書きいただき、下記のアドレスまでメールにてお申し込みください。

《主催》
NPO法人ジェントルハートプロジェクト

《問い合わせ先》
電話&FAX: 045(845)3620(小森)
E-mail:komori-s@npo-ghp.or.jp

院内集会『いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会』